セラミドを使って若返ろう|赤ちゃんのようなモチモチした肌になれる

レディー

体の内からも外からも

化粧品

行っていること

アンチエイジングは、若さをできるだけ長く保つためにさまざまなことをする方法です。例えば日焼け止めや化粧品の使用、ビタミンの摂取などのすべてが対象になります。アンチエイジングは体の中からだけでなく、外からもアプローチする必要があります。ビタミンの摂取やストレスをためない生活というのは内側からのアプローチです。活性酸素の除去あるいは生成を抑えることを目的にしています。また皮膚のターンオーバーを正常に保ちくすみの無い肌を作るために効果的です。一方化粧品や日焼け止めは外からのアプローチで、基本的に体の中に留まるということはありません。よって効果も使用をやめると数日で無くなってしまいます。しかしこれを行わないと皮膚の細胞がダメージを受けシミ、シワの原因になります。

食べ物でアプローチ

アンチエイジングには食べ物がお勧めです。人参やトマト、ブルーベリーなど色がついており、抗酸化作用がある物質をまとめてファイトケミカルと言います。ファイトケミカルは顔だけでなく体全体に効果があります。よって少々紫外線に当たっても美白を保つことができます。しかし効果としては日焼け止めほど強くないため併用が大切です。アンチエイジングは若いうちから行うほど効果がありますが、紫外線を受け肌が赤くなってしまってからでも化粧品をうまく用いることで被害を最小限にすることができます。アンチエイジングの目的で化粧品を選ぶ場合、ビタミンC誘導体やL-システインが含まれた製品がシミの産生を抑制すると言われています。